創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪

最新のギャラリー一枚の繪の情報はこちらから。

才村 啓 展 −光への憧憬2019−
会期
ギャラリー一枚の繪で3度目となる個展を開催させていただく運びとなりました。これまで訪れて、感動を受けたヨーロッパや信州風景を中心に新たに静物画も含め30数点を一同に展示致します。これまで学んで参りました力を全て注ぎ込んだ作品をどうぞこの機会にご高覧頂きたくご案内申し上げます。

才村 啓

 
会期
2019年5月6日(月・祝)〜5月18日(土) ※日曜休廊
11:00〜18:30(最終日は16:00まで)
<作家在廊日>
5/6(月・祝)〜5/11(土)
 
※4/29(月・祝)はお休みとなります。
※4/30(火)〜5月2日(木)は常設展となります。

 

才村 啓 展 −光への憧憬2019−

フランスの旅

Q 毎年続けている海外取材で、昨年はフランスへ行かれたそうですね。いかがでしたか?

A 去年はフランスへ二回行きました。一回目は二月に南フランスへの個人旅行で、初めて海外でレンタカーを借り、車で移動しながらモナコ、ニース、カーニュなどを回ってきました。左ハンドルの運転に慣れてないのでちょっと難しかったですが、スマートフォンで日本語のナビが使えるのが大いに助かりましたね。季節柄、街中の木が緑ではないのが若干寂しかったですが、旅行中ずっと晴天に恵まれ、南仏のヨットハーバーの風景やルノワールゆかりの地など、よい取材ができました。
 二回目は六月、教室の生徒さんたちとブルゴーニュ地方を巡るスケッチの旅です。ブルゴーニュの田舎町は、教会を中心に街が広がり、教会が構図を引き締めるポイントになって、建物と緑のバランスも美しく魅力的でした。印象派の画家シスレーゆかりのモレ・シュル・ロワン、世界遺産のヴェズレー、フランスで最も美しい村と言われるノワイエなど絵になる街や風景がたくさんあり、楽しく充実したスケッチ旅行になりました。

気持ちのよい窓があるように

Q 今、制作で大切にしていることや現在の方向性についてお聞かせください。

A 最近は風景を見たままに描くのではなく、自然を観察することを土台にしながら、印象やイメージを作品に求めて、絵づくりを楽しむようになっています。昨年行ったブルゴーニュでも、現地では自然に忠実にスケッチをして、アトリエでは初夏の緑鮮やかな印象を表現しました。
 パレットに並べる色も鮮やかな色が多くなってきました。その土地土地の印象を大切に、より鮮明に描いています。ベネチアの作品では、ブルーを多用して雰囲気づくりをしています。信州風景は四年間、修行のために移り住んだ土地ですが、最近は発色を誇張し、澄んだ空気、光や色彩を表現しています。
 よく私の絵は癒し系と言っていただきますが、私自身、難しいことを考えず楽しんで描いています。また、私の作品は、飾った時に「部屋の中に窓がひとつ増えたようだ」と評していただきます。お部屋に気持ちのよい窓があるように、絵に遠近感をだす工夫しています。

才村 啓 展 −光への憧憬2019−

「ルノアールの庭(カーニュ)」油彩M8号

才村 啓 展 −光への憧憬2019−

「光のソナタ」油彩特6号

才村 啓 展 −光への憧憬2019−
才村啓先生
…この続きは「月刊一枚の繪」2019年5月号にて
TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。