創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪
ギャラリー一枚の繪は、昭和46年「一枚の繪 銀座美術館」として誕生し、
長い間、絵を愛する方のサロンとして、多くの方に親しまれました。
平成13年に名称を「ギャラリー一枚の繪」とし、より魅力ある画廊に生まれかわりました。月刊誌でお馴染みの画家たちの変化に富んだ企画を毎日ご覧いただけます。
銀座にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。
これまでの展示はこちらから
■現在開催中の展覧会
画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─

長らくギャラリー一枚の繪で個展を開催して参りました。今回は画業四十五周年を記念して「生け花」をメインテーマに個展を開催いたします。麗しき日本の美をご高覧いただければ幸いです。

立川広己
会期
2019年1月7日(月)〜1月19日(土) 日曜休廊
11:00〜18:30 最終日は16:00まで
会期
会期中午後〜
ライブパフォーマンス開催
1/12(土) 15時〜16時
画業45周年をこえて

「立川広己の世界展 ─華と風景─」作品集を会場にて販売いたします。
掲載作品37点 1,080円(税込)

画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─
 

画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─

コンセプトは「華やかさ」

Q ギャラリー一枚の繪で二〇一九年最初の個展が開催されますね。

A 新年を迎えて最初の個展ということで、今回は「華やかさ」をコンセプトにしたいと考え、生け花風の花をメインモチーフに制作しました。生け花といっても、花の美を僕自身の感性と創造力で生け花風にアレンジしたもので、伝統的な生け花の流派やスタイルは度外視しています。
大きな生け込みの花のように画面いっぱいに広がる構成で、一つひとつの花の種類など説明的な描写は排し、細部にこだわらずに、全体から醸し出される造形の美や華やかさを表現しました。
新春らしいおめでたい感じ、日本的な和のテイストも意識して、箔を使った作品も多くなっています。また「JAZZ」シリーズの作品などでもよく使っている自由な線を取り入れて、画面に動きを与えています。
二十年ほど前にも、生け花風のモチーフの連作を制作したことがありましたが、いま見ると、当時はより写実的で固い感じの表現でした。今回はもっと自由に感性を解放できたのではないかと思います。
モダンな表現ながら日本の伝統美にも通じる香り、静かさの中の余韻のような響き、画面空間から生まれる幻想的で華やかな雰囲気などを感じて、楽しんでいただければ嬉しいです。

青い空は描かない

Q 風景画でも「立川広己の世界」を表現されていますね。

A 花の作品もそうですが、僕の場合は風景画でも、実際に見たままの風景を描くことはありません。
昨年(二〇一八年)はフランスを旅して、ドイツ国境に近い北東部の街ストラスブールでは、ドイツ風の美しい木組みの建物が印象的でした。今回の新作にも木組みの家並みを描いた風景作品がありますが、それは僕が見て感じた心象をもとに、自分の中でつくりあげた風景で、実際のストラスブールにはない景色なのです。
今は亡くなられた織田廣喜さん(日本芸術院会員)が「絵は嘘を描け。題材そのものを見て描いてもつまらない」という趣旨のことを語っていますが、僕もその考えに共感しています。実話に基づいた小説や映画も作者の創作部分、つまり嘘が入るからこそ面白くなる。僕にとって、実際の対象物そのものはあくまで参考で、自分の心象をどのように作品としてつくりあげていくかを大切にしています。
例えば僕は、青い空はほとんど描きません。旅先で目にした風景など実際には青空のことが多いかもしれませんが、絵にするときは色遣いを制限することなく、実景の造形にもとらわれず、非常に自由に描いています。
ただ、独りよがりに陥ってはいけないということは常に自戒しています。自分のつくりあげた世界が、見てくださる方々の心のどこかに響く作品でありたいですね。

画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─
「 祭・華」 油彩20号
画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─
「ドルドーニュの立冬−南フランス−」  油彩30号
画業45周年をこえて 立川広己の世界展 ─華と風景─
立川広己先生
…この続きは「月刊一枚の繪」2019年1月号にて

 

ギャラリー一枚の繪
■今後のスケジュール これまでの展示はこちらから。
会期 展名・主催 出席画家
1月7日(月)〜1月19日(土) 立川広己展 立川広己 会期中
1月21日(月)〜2月2日(土) 新春日本画展  
2月4日(月)〜2月16日(土) 中谷時男展  
2月18日(月)〜3月2日(土) アンチーム展  
3月18日(月)〜3月30日(土) 百瀬太虚展 百瀬太虚
4月1日(月)〜4月13日(土) 滝田一雄展 滝田一雄

※会期にない日曜・祝日は、休廊となります。 
ギャラリー一枚の繪


gallery 一枚の繪
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1風月堂ビル3F
Tel : 03-3575-0123   Fax : 03-3575-0122
営業時間 11:00〜18:30
※日曜は定休となります。
※企画最終日は16:00までとなります。
地図
TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。