創業1968年、一枚の繪株式会社は「絵のある生活」を提案します。
一枚の絵株式会社 オンラインで絵が買える/e-gallery ichimainoe 一枚の繪に掲載されている作品がお求めになれます。
トピックス | 会社概要 | サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ
作家一覧 絵画展スケジュール 出版物&グッズのオンラインショップ 月刊誌 『月刊 一枚の繪』 ギャラリー一枚の繪
 
銀座ギャラリー一枚の繪
ギャラリー一枚の繪は、昭和46年「一枚の繪 銀座美術館」として誕生し、
長い間、絵を愛する方のサロンとして、多くの方に親しまれました。
平成13年に名称を「ギャラリー一枚の繪」とし、より魅力ある画廊に生まれかわりました。月刊誌でお馴染みの画家たちの変化に富んだ企画を毎日ご覧いただけます。
銀座にお出かけの際はぜひお立ち寄りください。
これまでの展示はこちらから
■現在開催中の展覧会
百瀬太虚展 −百の四季展−
会期

大渕繁樹展 〜時の譜〜 は自然の美しい景色のこと。百に含まれる白は、月の光るさま、魄の原字。大渕繁樹展 〜時の譜〜には月が宿ります。大渕繁樹展 〜時の譜〜とともに四季を巡り、魂魄の琴線に響いた彩りが、瀬音風音となって皆さまの耳元に響いていただけたら幸いです。

 百瀬太虚

 
会期

2019年3月18日(月)〜3月30日(土)  日曜休廊
11時〜18時30分 ※最終日は16時まで

<作家出席予定>
会期中午後出席 3/20(水)、23(土)を除く

 

大渕繁樹展 〜時の譜〜

全国の桜の絵を一堂に

Q 今春、ギャラリー一枚の繪で二年半ぶりの個展が開催されますね。

A 今回は春の個展なので、四季の風景の中でも特に桜をメインテーマに発表します。日本三大桜(福島県の三春滝桜、岐阜の薄墨桜、山梨・神代桜)桜の三大名所の弘前、高遠、吉野をはじめ、日本一の桜並木と言われる北海道・新ひだか町の二十間道路、岡山の醍醐桜、熊本の一心行の大桜など、北海道から九州まで全国の桜の名所、名木を網羅して出品する予定です。
長年全国の桜を訪ね歩いてきて、近年は繰り返し訪れる桜が多くなりました。たとえば高遠は、ピンク色がやや濃いタカトオコヒガンザクラと背景の仙丈ケ岳の雪山のコントラストが魅力で、毎年のように出かけています。見事な桜並木、信濃大町の観光道路のように桜並木のバックに冠雪の山々を望む風景も各地にあるのですが、高遠は城址公園全体が桜だけに覆われ、木と木の間も隙間なく桜一色で圧巻です。そしてその向こうに雪山が輝いている。こういう風景は他になかなかなく、何度訪れても絵心を誘われます。
どこの桜も美しく、無名でも地元の人々や個人が特別に心を寄せる桜があると思いますが、これまで全国各地のたくさんの桜を見てきて改めて、三大桜や三大名所のように三大桜や三大名所のように長い賞讃の歴史を持ち、日本中から何十万もの人が集まり愛でる桜は、歌枕のように普遍的な価値を持つものだと思います。

名所の普遍性と「月なみ」の風景

Q 名所の普遍性は風景画全般に通じるものですか。

A そうですね。桜に限らず、名高い景勝地には、万人が共感し心打たれる普遍的な魅力があると思います。朝焼けや夕焼けはどこで見ても美しいけれど、名所と言われる犬吠埼の朝焼けは格別に訴えてくるものがありますし、山でも富士山には日本人誰もが共通する特別な思いがあり、絵のモチーフとしても大きな魅力を感じます。
上高地や奥入瀬など名勝風景は、あまりに定番すぎて絵のモチーフとしては敬遠する画家もいるかもしれません。でも、上高地の風景を写実的に描いた場合、その絵と実景はそっくりだとしても、二人の画家が描いた絵を比べると同じ構図でも個性や違いがはっきり出る。その違いが絵の面白さではないでしょうか。
今後の課題としては、普遍美にも通じる「月なみ」(十二ヵ月を象徴する花鳥風月)をテーマに、十二ヵ月の風景画の連作を考えています。
一月は初日の出の朝焼け、二月は雪景色、三月は菜の花、四月が桜、五月は新緑の風景…と各月だいたいイメージしていますが、何か核になるものが欲しいので、勅撰和歌集の八代集の中の『金葉和歌集』から十二首を選び、各歌に合うような風景、あるいは風景に合う歌を探して、歌と絵が互いに呼応しあうような感じで描きたいと思っています。
今年一年で『金葉和歌集』に拠った十二点を制作し、八年かけて八代集を網羅するのが目標です。

百瀬太虚展 −百の四季展−

「仙丈ケ岳と桜の里」(長野県伊那市高遠) 油彩8号

百瀬太虚展 −百の四季展−
百瀬太虚先生
…この続きは「月刊一枚の繪」2019年3月号にて

 

ギャラリー一枚の繪
■今後のスケジュール これまでの展示はこちらから。
会期 展名・主催 出席画家
4月1日(月)〜4月13日(土) 滝田一雄展 滝田一雄
4月15日(月)〜4月27日(土) 北の具象作家展  

※会期にない日曜・祝日は、休廊となります。 
ギャラリー一枚の繪


gallery 一枚の繪
〒104-0061 東京都中央区銀座6-6-1風月堂ビル3F
Tel : 03-3575-0123   Fax : 03-3575-0122
営業時間 11:00〜18:30
※日曜は定休となります。
※企画最終日は16:00までとなります。
 
地図
google map で見る
 

 

TOP | バックナンバー | アクセスマップ | スケジュール
サイトマップ | 関連リンク | お問い合わせ

2001-2005 一枚の繪株式会社 東京都公安委員会許可 第301060205807号
掲載の記事・画像・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。メールはこちらから。